カウントダウンタイマー


こんにちは、小玉歩です。

私はこれまでに多くの生徒を指導してきました。

その中で、同じノウハウやテクニックを手にしているのに、一方では大きく成功して、もう一方では全く結果を出せないという事例を見てきました。

また、一気に数千万円の稼ぎを得るほどにブレイクスルーする人がいる一方で、月の収益が数十万円から百万円程度でくすぶり続ける方が沢山いる事も見てきました。


もちろん、みんなブレイクスルーして結果を出し、数千万円の稼ぎを得たい事には変わりありません。

しかしながら、どうしても突き抜けて結果を出す事ができないのです。


もしかしたら、あなたも同じノウハウを使っているのに結果が出ていない事や、数十万円程度でくすぶっている、ということに心当たりがあるかもしれません。

満足できる結果が得られない事に、もやもやした気持ちを抱えている方もいらっしゃるでしょう。


実は、こういった方は実践も知識も十分であり、実はその点で両者に大きな差は無いのです。

では、何故このようなことが起こるのでしょうか?


その原因は、思考が整理されていない事にあります。

脳という物は私たちが思っている以上に、様々な事を同時並行で処理をしています。

そのため、脳内に思考が整理されずに散らばっている状態にあることが非常に多いのです。


こうなった時にどのような問題があるでしょうか?

様々な弊害が起こるのですが、代表的な物として下記の3点が挙げられます。

1、 色々な事に意識が行き、不安で中途半端に手を出してしまう
2、 何のためにビジネスを行っているか、確固たる意志が持てない
3、 本当の自分の強みが分からずに、今最もすべき事が分からない


思考が整理される事で、上記の問題は解決してしまいます。

すると、自分の進むべき道が明確になり、自信満々でその道を全力で進む事ができます。

要はブレと躊躇が無くなるのです。

この状態になると、成果を手にする可能性が飛躍的に向上します。

私はサラリーマンの副業で1億円を稼ぎだし、独立後も年商3億円と結果を出し続けています。

そのような中で私が意識していたのが、進むべき道を常に明確にしてそこに全力を尽くす事でした。

そして、そのために日頃から行っていたのが思考の整理です。


ご存知の方も多いと思いますが、私は同時並行で様々なビジネスを行っております。

そして、全てのビジネスにおいて結果を出し続けています。

よく「小玉さん、よくそんなに色んな事ができますね」と言われますが、それは思考の整理を心がけていたからです。

これができていたからこそ、誰よりもビジネスに集中して結果を出し続ける事ができるのです。


この思考の整理ですが、私だけが可能なのでありません。

あるステップを踏む事で誰にでも再現が可能なのです。

1、・・・・
2、・・・・
3、・・・・
4、・・・・

と、順を追ってステップを踏んでいく事によって、誰でも思考の整理が可能になります。

これは私が実際に常に行っている思考整理のためのステップなのですが、実は誰にでもなぞれる形で体系化する事に成功しています。

これを、2日間の超ハードな合宿で実践して身につけてもらうのが「ゴールデンマインド合宿」なのです。


この合宿に参加した結果、どのようになるのか?

参加された方の報告をご覧下さい。


ビジネスにおいて結果が出ない最大の要因が、進む道が不明確なために意識と力を集中する事ができない点です。

動画を見ていただければお分かりになると思いますが、全員が自分の進むべき道が明確になっています。

すると、間違いなくそこに全力で突き進めるので、突き抜けた結果を得る事ができるのです。


これは私が勝手に言っているだけで、科学的な裏付けは全く無いのですが「脳内メモリロス」という考え方があります。

私たちの脳には通常知覚していないレベルの事柄で、無駄にメモリを食っています。

そのため、自分の本当にすべき事にかける力が分散した状態にあるのです。


何を言っているかはっきりしないと思いますが、このロスを解消する方法を解説致します。


まず、今あなたが気になっている事・心配な事・やらなければと思っている事などを50個書き出します。

10個くらいならば出てくるのですが50個となると相当大変な作業になっていて、文字通り「脳から絞り出す」という事を行います。

すると、自分でもこんな事を考えていたのかというものが出てきて、ついには50個に達します。


ここで、出てきたという事は普段知覚していないけれども間違いなく脳内に存在していたという事になります。

そして、あなたは知覚しないレベルで何と無しに、これらを気にしながら毎日を送っているのです。

この時点で、知覚していないのに脳のメモリはロスをしています。


では、どうすればよいかというとやるべき事は非常に簡単です。

書き出した50個のうち「取るに足らないな」と思った事を、「もう考えない」と決めて二重線を引くのです。

知覚していなかった事を顕在化させて、それを考えないと決めてビジュアル的に二重線を引く。


なんだか意味の無いような事に思えるかもしれませんが、これであなたの脳のメモリロスは確実に減るのです。

そして、本当に必要な事にメモリを集中させる事ができます。


これは合宿で行う一つの事例ですが、このような思考のステップを踏む事によって様々な側面からあなたの脳を整理します。


さて、この私の思考の整理ステップは、合宿だけの物ではなくて一生物のスキルです。


もちろん合宿の2日間で明確にあなたのすべき事も見えます。

ハードなワークで80ページ以上に渡ってあなたの文字で埋め尽くされたファイルが完成しますが、これも一生使えるものになるでしょう。


しかしながら、一度この方法を学んでしまえばいつでも自分で再現する事ができるのです。

ですから、何かにぶつかった時や思考が散らかった時にいつでも整理をすることができます。


現に私自身、事あるごとにこの手法によって思考を整理しています。

何でもスイスイとこなしているように見えるかもしれませんが、私も時に行き詰まったり自分のすべき事がぼやけたりする事があります。

そうなると、やはり思考が鈍くなり手が止まります。


これを解決するのが、今回の合宿であなたが身につける事のできるスキルです。

私にとってこれは無くてはならないものですし、あなたにとってもそうなる事でしょう。


「脳がどうたら」とかはっきり言って怪しいと思います。

脳科学の専門家でも何でもないし、裏付けが全く無いのも認めます。


ですが、これは確かに私が普段行っている思考ステップであり、実際に参加された方が上記の動画の通りの話をしているのです。


ただしかし、怪しいと思われるのも当然の事だと思いますし、私自身傍目から見たらその辺の自己啓発セミナーのセンセーと変わらないなんて思ったりもします。

ただ、彼らと全く違う点は、私がビジネスで結果を出している事です。

自己啓発を教える事で食っている自己啓発のセンセーとは異なり、私はこれを教える事で食っている人間ではありません。

あくまで、この思考ステップを普段から使いながらビジネスに取り組み、そしてビジネスで結果を出しているという事です。


そういった意味では、物凄く実践的なリアリティのある手法である事は間違いありません。

ただ、最終的には私から「私の思考ステップ」を学びたいのか否かという話になっています。


もし、あなたが小玉歩の思考ステップを学び、あなたの思考を整理させる事によってブレイクスルーを起こしたいのであれば、この合宿に参加してください。

そして、いつでも自分で再現できる一生もののスキルを身につけてください。

正直、かなりハードな合宿となりますが、それを補って余りあるものを持ち帰る事ができるでしょう。


開催日  11月15、16日
会場   東京もしくは千葉県の研修施設
持参物  宿泊に必要な物、ボールペン2本
講師   小玉歩
料金   30万円


13:00 集合
13:30 ワーク:目的意識の顕在化
13:45 ワーク:21のマインドセット パート1
15:45 ワーク:21のマインドセット パート2
17:15 第1章の振り返り
17:30 第1章のシェア
18:00 夕食
19:00 ワーク:脳内を吐き出す
20:00 ワーク:脳内を整理する
21:30 ワーク:目的意識と行動指針をまとめる
22:00 シェア
22:30 ワーク:目標の明確化
23:30 ワーク:行動阻害要因の具体化
0:30  1日目終了


8:30 朝食
10:00 1日目の振り返り
10:30 ワーク:自身に一番欠けている物は?
11:00 3章まとめ
11:30 3章シェア
12:00 昼食
13:00 ワーク:ブランド分析
13:30 ワーク:自己を取り巻くもの
14:00 ワーク:目的明確化
14:30 ワーク:ビジネスの使命
14:45 ワーク:メッセージの強化
15:15 ワーク:己の強み
15:30 4章まとめ
16:00 シェア
16:30 アンケート
17:00 合宿を通しての振り返り
18:00 終了






































追伸

私が生徒に日頃指導している事の中でも、特に徹底している事があります。

それは「自分が将来どんな人に囲まれたいのか?それを考えて日々の発信を行え。」ということです。


言葉には不思議な力があります。

単語1つをとっても、それ自体が大きなイメージをもっており反応する人が全く異なるのです。

ですから、あらゆる発信の際にどんな言葉をチョイスして、どのように表現していくかということは最善の注意を払って行わなければいけません。


今回の手紙も、当然その点は注意しています。

ですから、私が望まない方は本当に数行読んだだけでこのページから離れている事でしょう。

逆に、最後の最後のこの部分まで読んでいただいているあなたとは、間違いなく価値観が合っているはずです。

そのように、この手紙を書きました。


指導者の選び方で最も重要なのは「相性」です。

これが合わなければ、いくら生徒が優れていても指導者に実績があったとしても、指導からの学習効果は著しく落ちてしまいます。

ですので、誰かから学ぼうとする時は自分と相性が合っているのかを、第一の基準に考えてください。


もし、あなたが小玉歩と相性が会っていて学んでみたいと思うのであれば、思考のステップを学べる今回の合宿には是非参加していただきたいと思っています。

それでは、あなたに会える事を心から楽しみにしています。


⇒ はい、小玉歩と相性が合うので合宿に参加します